週刊現代2022年1月22日号に、春野恵(はるのめぐみ)ヌード、袋とじに街山みほ(まちやまみほ)ヘアヌードが登場!

「週刊現代2022年1月22日号(1月14日発売)」は、グラビアとして、「おとなになったミスマガジン・早川渚紗、SEXYすぎるちびビキニ!マイ・リトル・ビキニ」「元アイドル・春野恵、Gカップ超ド級ヌード!360度おっぱいまみれ」などが掲載されており、袋とじとして、「慶應女子大生の甘い蜜!街山みほ、濡れて滴るヘアヌード」が収録されています。

注目のグラビアは、元アイドル・春野恵(はるのめぐみ)ちゃんのGカップ超ド級ヌードや、慶應女子大生・街山みほ(まちやまみほ)ちゃんの濡れて滴るヘアヌードといったところでしょうか。

春野恵チャンの公称サイズは、2009年時点で、身長156センチ、バスト95センチ(Gカップ)、ウェスト58センチ、ヒップ88センチとなっています。

また、街山みほチャンの公称サイズは、2022年時点で、身長164センチ、バスト88センチ、ウェスト58センチ、ヒップ88センチとなっています。

週刊現代は、「楽天マガジン」や「dマガジン」などの雑誌読み放題サブスクでも読むことができますが、雑誌読み放題サブスクでは、基本的にグラビアはカットされますので、春野恵ちゃんのヌードや街山みほチャンのヘアヌードは見ることはできません。

なので、本屋やコンビニなどで紙の雑誌を購入するか、ebookjapanやBookLiveなどの総合電子書籍ストアでデジタル版を購入するしかないですね。

週刊誌は、大抵、紙版もデジタル版も値段は同じですが、紙版だと捨てるのが面倒ですし、電車でグラビアなどを見ていると恥ずかしいので、スマホやタブレットで見られるデジタル版のほうが便利だと思います。

一応、週刊現代には、週刊現代デジタルという月額サービスもあり、月額550円(クレジットカード決済)でグラビア記事も見ることができますので、そちらに会員登録してみるのもいいかと思います。

ただし、同じ講談社のFRIDAYのサブスクに比べてグラビアが圧倒的に少ないので、ちょっと物足りないかもしれません。

まあ、FRIDAYのグラビアプランは、月額1320円(税込)なので、値段も全然違いますが…

個人的には、無修正AVの格安サブスク「HEY動画 月額見放題プラン」が、月額14.99ドル(約1648円←1ドル110円換算)で、約17000本の無修正エロ動画が観られるので、オカズはそれで十分です。

「HEY動画 月額見放題プラン」は、カリビアンコムや一本道、HEYZO、天然むすめ、パコパコママなど、D2PASS加盟サイトの無修正エロ動画(一般動画:約17000本+プレミアム動画:約6000本)が見放題の格安サブスクで、PC、スマホ、タブレットでストリーミング視聴することができます。

Googleのクロームキャスト+Androidスマホ、iPhone+Apple TV、スマホ+HDMIケーブル、スティックPCなどを利用すれば、テレビにも出力することも可能です。

サブスクということで、半年前の作品が新着として配信されますが、AVは女優の質が命で、最新作の方がいいとも限らないので、半年遅れでも別に問題はないかと思います。

そもそも、大量に観ることできる無修正エロ動画があると、同じ作品を何度も観たりはしないでしょうし…

最新動画をダウンロードして保存したい場合には、無修正動画サイトの老舗である「カリビアンコム」などに直接入会するといいかと思います。

以前は、カリビアンコムなどで無修正エロ動画をPCにダウンロードして保存するのが一般的でしたが、スマホの普及と格安サブスクで完全に無修正エロ動画を視聴する方法も変わってしまいましたね。

モザイクありでもよければ、月額899円で4300本以上のアダルト動画が観られる「アボッド」もオススメです。

なお、グラビア画像や無修正エロ動画のダウンロードについては、ファイル共有ソフトのtorrentなどを使ったり、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、なによりZIPやRARファイルを開くとウイルスに感染する可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です